ともさんの株の友

エクセルを使った日本株のシステムトレードソフトを開発しています。

この投稿は1年以上前に公開されました。
現在では状況や内容が変わっている可能性があります。
ご注意下さい。m(_ _)m

最高値と最安値の計算と全体指標を追加!バージョン0.08!

   


バージョン0.08の概要

株価日々情報から過去最高値と過去最安値を計算できるようにした。高値ブレイク、安値ブレイク、持ち合い状況の判断などで使えそう。そんなに難しくなかった。

市場全体の指標を保存するためのワークシートを新規に作成。日付更新処理で、株価日々シートに加えて、全体指標シートの日付も更新するように修正。

あと銘柄毎の基本情報を保存するためのワークシートも作成。銘柄コード、業種、市場、名称、発行済み株式数、配当利回り、1株配当、PER、PBR、単元株数などの情報。業績評価や株主優待の情報も、できれば取得して使いたい。

PERやPBRなどは過去の情報があればシミュレーションに利用したいのだが、過去の全銘柄のPERやPBRを取得するのは難しい。過去の時点で、貸借銘柄だったかどうかとか、株主優待を実施していたかどうか等も同じ。これらの情報を取得するのは非常に難しいが、現時点の条件として売買シミュレーションには使えるようにする。

日経平均株価とトピックスをヤフーファイナンスから取得して更新する処理を作成。

東証1部銘柄の値上がり銘柄数と値下がり銘柄数は、騰落レシオを計算するために取得したいが、どこから持ってくるかは要検討。

認証処理を少し修正。サーバ側から認証処理用のファイルをダウンロードするとファイルを削除する処理が必要になるので、HTMLの文字列で取得するように変更。

 - 開発ブログ


株式システムトレード ブログランキングへ

にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve − three =

  おすすめの記事はこちら