ともさんの株の友

エクセルを使った日本株のシステムトレードソフトを開発しています。

この投稿は1年以上前に公開されました。
現在では状況や内容が変わっている可能性があります。
ご注意下さい。m(_ _)m

本ブログのランキング登録と日付処理対策など。バージョン0.03!

   


バージョン0.03の概要

本ブログをブログ村とブログランキングへ登録。

ブログランキングの登録カテゴリは、マイクロソフトオフィス、ビジュアルベーシック、株式システムトレード。

ブログ村の登録カテゴリは株自動売買、VBA。

本ブログのメニューにダウンロードと利用手引き書を追加。ダウンロードページに利用環境を記入。
・マイクロソフトエクセル2007以降が動作するパソコン。
・1GB程度のハードディスク空き容量。
・インターネットへの常時接続。

株価ダウンロードサイトから、全データを全てまとめてダウンロードすると、たまにダウンロードに失敗する時があるので、年月を指定して取り込むようにする。

データの取込がとても面倒になるので、将来的に、システムとデータを分けて、データを圧縮して配布するか?圧縮してもかなりの大きさなので、要検討。

日付処理でfindが使えない問題については、range(“A:A”)のように指定してからvariant型の変数へ割り当ててから配列処理をすれば間違いなく判断できる。

ただし、range(“A:A”)だと割り当て時の処理時間が大きくなってしまう。もちろんUsedRangeだとさらに大きい。日付を判断する範囲を限定しないと処理時間が大きくなってしまう。

やむを得ず、休場日と株価データを格納するシートは処理範囲を決める。休場日は999行まで。株価データは9999行まで。現時点で休場日は約150行、株価データは2150行なので、しばらく大丈夫かな。

 - 開発ブログ


株式システムトレード ブログランキングへ

にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen + 4 =

  おすすめの記事はこちら