ともさんの株の友

エクセルを使った日本株のシステムトレードソフトを開発しています。

この投稿は1年以上前に公開されました。
現在では状況や内容が変わっている可能性があります。
ご注意下さい。m(_ _)m

メールアドレスで認証の仕組みを導入。バージョン0.02!

   


バージョン0.02の記録

少し早いかもしれないが、完成後に本システムを安価に販売することを想定して、認証の仕組みを検討した。

メールアドレスと特定の文字列から認証コードを生成するプログラムを作成。特定の文字列をサーバに配置。認証コードはメールに記入して会員へ配布。ワークシートにメールアドレスと認証コードを事前に入力してもらう。

特定の処理を実行する前に、インターネット経由でサーバ上のファイルをダウンロードして認証コードをチェックするようにした。

そのため、VBAプログラムにはパスワードをかけて、認証プログラムの仕組みを見られないようにした。

株価データのダウンロードや特定の条件で銘柄を抽出する処理に認証は不要で、過去の株価データを使って、売買シミュレーションを行う場合にのみ認証を必要とする?まだ未定。

処理メニュー用のワークシートを作成。

祝日など土日以外の市場休場日の一覧を格納するワークシートを作成。株価データが2007年1月以降なので、これに合わせる。手作業で追加入力できるように。

株価データを格納するワークシートに日付を作成する処理を作成。日付データ列をFINDで検索すると動作がおかしいので、何か対策が必要。

ボタンをクリックして、株価データをダウンロードして、株価データ格納用ワークシートへ記入する処理を作成。

株価データにヤフーファイナンスのように調整後終値がないので、やはりヤフーファイナンスから株価データを更新するプログラムも必須。

以上。

 - 開発ブログ


株式システムトレード ブログランキングへ

にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − 12 =

  おすすめの記事はこちら