ともさんの株の友

エクセルを使った日本株のシステムトレードソフトを開発しています。

この投稿は1年以上前に公開されました。
現在では状況や内容が変わっている可能性があります。
ご注意下さい。m(_ _)m

ポジションへ加える処理を作成!バージョン0.72!

   


バージョン0.72の概要。

やっとゴールデンウィークに入って、開発する時間ができました。

前回までに売買候補配列を作成したので、今回は売買候補配列を作成した翌日に、売買を成行または指値で行う処理を作成した。

売買候補配列は移動平均乖離率または売買金額でソートする。ソートはプログラムを作るのが面倒だったので、配列をワークシートへコピーして、ワークシート関数でソートすることにした。売買候補配列はポジションへ加えた後は使わないので。

指値の場合は前日終値に対して何パーセントという指定方法にした。そのため、売買候補配列を作った時点の終値も一緒に保存しておく必要があることに気がついたので少し修正。

1日あたりの資金制限、1日あたりの最大銘柄数、1銘柄あたりの上限額の制限をチェックして、売買可能であればポジションへ加える処理を作成した。

売買を行った時に処理結果を保存する配列も作成した。

次はポジションを保有している時に、条件に従って反対売買を行う処理を作成する。

 - 開発ブログ


株式システムトレード ブログランキングへ

にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 − 9 =

  おすすめの記事はこちら