ともさんの株の友

エクセルを使った日本株のシステムトレードソフトを開発しています。

この投稿は1年以上前に公開されました。
現在では状況や内容が変わっている可能性があります。
ご注意下さい。m(_ _)m

銘柄抽出のインターフェースとプログラム設計中!バージョン0.57!

   


バージョン0.57の概要。

やっと週末になって、少し開発の時間ができました。

指標計算プログラムに無駄な部分がかなりあったので、再度見直しを行った。だいぶプログラムがすっきりした。

銘柄抽出を引き続き作成中。自分で使いたいと思えるような抽出処理にしたい。

最新の株価(または指定した年月日)から過去200営業日までの範囲で、条件に該当する銘柄を抽出できるようにする予定。

インタフェースとして、ワークシートに表形式で設定して実行できるようにしたい。

条件は複数持てるようにする。とりあえず16個。各条件には2つの指標を設定できて、2つの指標の関係を表す簡単な計算式を持てるようにしてみた。これで、移動平均のゴールデンクロスなどを表現できそう。(ゴールデンクロスがシステムトレードで使えるという訳ではないのでご注意下さい。)

指標として、騰落レシオと単純な株価(始値、高値、安値、終値、出来高)と固定の値を設定できるようにした。固定の値は、例えば終値が10円以上と設定することで、上場廃止寸前の銘柄を抽出処理から除外できるようにするため。

「抽出設定」という名前のワークシートから「抽出結果」というワークシートへ出力を行う。結果を保存しておきたい場合は、別名で保存しておけばいい。

もう少し抽出処理には時間がかかりそうです。処理は簡単ですが、なにぶん対象となる指標の数が多いので、プログラムが長くなってしまいます。

 - 開発ブログ


株式システムトレード ブログランキングへ

にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × one =

  おすすめの記事はこちら