ともさんの株の友

エクセルを使った日本株のシステムトレードソフトを開発しています。

この投稿は1年以上前に公開されました。
現在では状況や内容が変わっている可能性があります。
ご注意下さい。m(_ _)m

日経平均やトピックスに対する指標を計算!バージョン0.53!

   


バージョン0.53の概要。

なんとか少し時間ができたので開発を継続。

日経平均やトピックスに対する指標を計算するプログラムを作成。単純移動平均、指数平滑移動平均、最大値、最小値、標準偏差(ボリンジャーバンド)、RSI、ストキャスティクス、乖離率を計算できるようになった。

あと簡単なチャートの形状判定(はらみ足とか三空とか)を作ったら次の段階に入る予定。

売買シミュレーションの前に任意期間の任意銘柄のチャートを表示できるようにするかも。以前は証券会社のチャートの方が高機能で見やすいと思っていたが、日足だと3年分ぐらいしか表示できないので、過去のチャートを見ることが難しい。売買シミュレーションを作る前に、数値の確認のためにあった方がいい。エクセルのチャート機能でどこまでできるかわからないが。

東証1部の騰落銘柄数を取得できるようにしていたが、最新の情報が入っていなかったので、まとめて一括で取り込む場合ではなく、直近5営業日のみ取り込む場合は、別のサイトから取得するように変更した。

東証1部騰落銘柄数を取得できるようになったので、騰落レシオを計算するプログラムを作成。数値を確認した。

各種指標は計算期間を1~200日で変更可能。過去分は200営業日前まで計算可能にしてみた。500営業日分ぐらいなら全銘柄を配列へ格納できる。この指標が実際に使えるかどうかは判らないが。

時間が足りない。

 - 開発ブログ


株式システムトレード ブログランキングへ

にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 + 15 =

  おすすめの記事はこちら