ともさんの株の友

エクセルを使った日本株のシステムトレードソフトを開発しています。

この投稿は1年以上前に公開されました。
現在では状況や内容が変わっている可能性があります。
ご注意下さい。m(_ _)m

株価転送処理を修正してRSIを計算!バージョン0.37!

   


バージョン0.37の概要。

RSIの計算処理を作ることにした。

RSIは前日の終値と当日の終値の差が必要。これまでは株価データから作業用ワークシートには、終値とか高値など特定の指標をコピーすることしかできなかったので、ある指標とある指標の計算結果をコピーできるようにした。

また前日の値が必要なので、前日または当日の2つの指標を使った計算結果をコピーできるようにプログラムを修正した。足し算、引き算は使う事があると思うが、一応かけ算、割り算も使えるようにした。

これで、これまでと同様にワークシート関数が使える。SUMIF関数を使いました。

長い間終値が同じ値で変化しないと、分母が0になるのでエラーになる。この場合は中間値である50になるように修正した。

他の計算済み指標と同様に5日、25日、75日、200日で計算してみた。ただ、標準偏差(ボリンジャーバンド)の時も感じたが、たぶん200日とか使わないので標準では計算しなくてもいいかも。

指標によって標準で計算する日数を変えた方がいいのだろうか。私自身がRSIという指標をあまり使ってないので、よく判らない。要検討。

岡三オンライン証券のチャートだと、RSIは1~30の範囲で変化できるようになっている。1~75ぐらいにして、5、10、15、25、50、75ぐらいにしてみようかな。

明日も他の仕事が忙しくて、開発はできません。なんとか時間を作って進めます。

 - 開発ブログ


株式システムトレード ブログランキングへ

にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 + seven =

  おすすめの記事はこちら