ともさんの株の友

エクセルを使った日本株のシステムトレードソフトを開発しています。

この投稿は1年以上前に公開されました。
現在では状況や内容が変わっている可能性があります。
ご注意下さい。m(_ _)m

最高値、最安値、標準偏差の計算!バージョン0.36!

   


バージョン0.36の概要

やっと少しだけ開発できる時間ができた。今週は忙しかった。

乖離率はすぐに計算可能なので、事前に計算しておくことをやめた。どう考えても、ファイルのオープン&クローズにかかる時間の方が長い。事前計算しておく指標は、何日かにわたって計算しないと求める事ができない指標に限定する。

当日と前日の値で計算できるような指標は事前計算しない。例えば前日比とか、ローソク足が陰線であるとか、はらみ足であるとか、ギャップダウンであるとか。

単純移動平均、指数平滑移動に続いて、最高値、最安値、標準偏差を計算してファイルに保存する処理を作成。これらの計算は全てエクセルのワークシート関数を使えるので、プログラムを共通化できる。

5日、25日、75日、200日を対象に5つの指標を事前計算してみた。最高値は高値、最安値は安値を使用。単純移動平均は終値と出来高。指数平滑移動と標準偏差は終値。20年分全て計算しても8時間で十分に終わる。寝ている間に完了できることを目指す。まだ値の確認はできてない。

標準偏差はボリンジャーバンドと同じ。あと、MACD、ストキャス、一目均衡表、RSIぐらいを作ったら、売買シミュレーションに移る予定。指標は必要になった時点で後から追加すればいい。

 - 開発ブログ


株式システムトレード ブログランキングへ

にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 − 3 =

  おすすめの記事はこちら