ともさんの株の友

エクセルを使った日本株のシステムトレードソフトを開発しています。

この投稿は1年以上前に公開されました。
現在では状況や内容が変わっている可能性があります。
ご注意下さい。m(_ _)m

株価修正処理の改良とデータ利用開始年の選択!バージョン0.33!

   


バージョン0.33の概要。

3連休中は、やはり開発時間は少ししか確保できなかった。それでも、前回使い物にならなかった株価データの修正処理を改良。なんとか24時間ぐらいで完了できるようになった。

それでも非常に時間がかかるので、株価データの利用開始年を選択できるようにした。1996年以降か2007年以降かの二択。

2007年以降の株価データのみを利用するのであれば、株価データの修正処理は10時間ぐらいで終わるはず。LHAファイルも扱う必要がないので、UNLHAをインストールする必要もない。2GB程度のメモリでも動作するはず。

連休中に他の仕事をしていたり、遊びに行ったりしている間、株価データの修正処理を実行状態で放置。やはり丸一日かかった。約20年分の修正済みの株価データを丸1日で使えるようになるのなら、許容範囲かな。

その後、終値と出来高の単純移動平均と指数平滑移動平均を計算。ここも株価データが約2倍になったので約2倍の時間がかかるようになった。代表的な各種指標の計算も寝ている間に終了するぐらいの処理時間を目指したい。

バージョン0.33という事は、やっと全体の3分の1のが終わったということかな。

まだまだですね!

 - 開発ブログ


株式システムトレード ブログランキングへ

にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × one =

  おすすめの記事はこちら