ともさんの株の友

エクセルを使った日本株のシステムトレードソフトを開発しています。

この投稿は1年以上前に公開されました。
現在では状況や内容が変わっている可能性があります。
ご注意下さい。m(_ _)m

株価修正処理を作成するも使い物にならず!バージョン0.32!

   


バージョン0.32の概要。

1996年~2015年までのダウンロードした株価データとヤフーファイナンスの株価データにある調整後終値を使って、株価データを修正する処理を作成。

株価データ量が2倍以上になったので、少し処理を改良してみたが、全く使い物にならず。6時間ぐらい計算しても400銘柄ぐらいしか処理できなかった。だいたい1分で1銘柄ぐらい。計算すると3日ぐらいかかる。1回実行すれば良いと言っても、これは無理。

処理を改良するか、データ量を減らすか、どちらか。

まず、売買代金のデータは2007年より前のデータには存在しないので、2007年以降のデータからも除去した。あとはデータ量を減らすのは難しい。

夜間、寝ている間にプログラムが終了することを目指す。どうしても無理なら保有するデータ量を減らす事を検討するが、せっかくデータがあるのなら使いたい。年単位で少しずつ実行することも検討する。

この3連休中は、せっかくの休みなのですが、他の仕事などの関係であまりシステムトレードソフトの開発はできないと思います。

もしできれば本ブログで報告するつもりです。

 - 開発ブログ


株式システムトレード ブログランキングへ

にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 2 =

  おすすめの記事はこちら